三井住友銀行カードローン

住友借入NAVI|三井住友銀行カードローン完全ガイド

保証人と担保は必要か

一般的に大口のローンを組む場合や、かなりの額を借金として借り入れる場合は、担保や保証人が必要になります。
これは万一の時に備えての事ですが、カードローンやキャッシングといった個人が利用する小口融資の場合は、原則として保証人と担保は必要ありません。
銀行系のカードローンの場合は最高で800万円~1,000万円といった、高めの限度額を設定しているところもありますが、この場合も申し込みや利用には収入証明書の提出など条件がありますが、保証人と担保は必要ありません。

もちろんカードローンやキャッシングも借金をするという事に変わりなく、借りた分は責任を持って返済しなければいけません。
カードローンやキャッシングの場合は、保証人と担保の必要がない代わりに少し利息を高めに設定しています。
カードローンを利用してみたいと思っているけど、保証人と担保の宛がなく不安という広も必要ないので安心です。
万一返済できなくなった場合の対象法もいくつかありますが、債務整理をすると信用情報機関にその記録が残るので社会的な信用は低くなってしまいます。
カードローンは保証人も担保必要ないという気楽さはありますが、自分の収入と支出のバランスを考えて計画的に利用する事も大切です。

ちなみに債務整理をした場合は、その記録が長期間保管されるので数年経っても新たな借入やクレジットカードの申し込みができなくなります。
保証人と担保は必要なくても返済義務はあるので注意しましょう。

sck106_gbg01三井住友銀行カードローンをもっと詳しく!詳しくはこちら

カードローン完全ガイド関連記事
ゴシップ