三井住友銀行カードローン

住友借入NAVI|三井住友銀行カードローン完全ガイド

個人信用情報は誰にでも開示されるか

カードローンの申し込みをする際、業者は必ず個人信用情報の確認をします。
現在日本には3種類の個人信用情報を扱う機関がありますが、業者の場合は審査のために必要なので3箇所のいずれかもしくは全ての情報を照会する事もあります。
業者が個人情報を確認できるなら、誰でもできてしまうのでは?と不安になってしまいますね。

しかしここは個人情報保護法もあるので、情報照会や情報開示にも手続きや条件があります。
また以前に債務整理をしたり、返済が滞りがちで業者からカードの利用停止を受けた人の場合は、その情報が長期間保管されます。
一生ではないもののその情報が保管されている限りは、社会的な信用は低いと判断されるので、時間が経っていても新たな借り入れ、ローン、クレジットカードなど申し込みをしても審査に通過しませんので利用もできません。
この条件に該当する人は新たな借り入れを考えているけど、以前の記録がいつまで保管されているのか心配ですね。

個人信用情報の開示を求めれば、情報を確認する事もできます。
ただし全ての機関で情報開示手数料がかかりますし、情報開示の請求方法も違うので少し手間がかかります。
また情報開示を求める場合は身分証明など身元を確認する書類も必要です。
開示方法は、来社、郵送、インターネットなどがありますが、身分を証明できないと情報は開示してもらえないので、知らない人がいたずらに自分の個人信用情報を開示するという心配はありません。

sck106_gbg01三井住友銀行カードローンをもっと詳しく!詳しくはこちら

カードローン完全ガイド関連記事
ゴシップ