三井住友銀行カードローン

住友借入NAVI|三井住友銀行カードローン完全ガイド

担保と保証人

一般的に借金をする場合は、万が一に備えて担保と保証人を求められます。
しかしカードローンのように個人が利用できる小口融資は、原則として担保と保証人は必要ありません。
三井住友銀行カードローンは300万円以上の申し込みを希望する時収入証明書が必要になりますがこの場合でも担保と保証人は必要ありません。
いくら親しい間柄でも、何の考えもなしに他人の借金の保証人になってしまうと、もしも借りた本人が返済できないとなった時、自分は使っていないお金なのに保証人になった以上、借りた本人に代わって返済をしなければいけなくなります。

現在ほとんどのカードローンは担保と保証人無しで利用できます。
例え家族であっても、借金の保証人を頼むのも頼まれるのも気まずいものです。
また担保になるようなものを持っていない人もいますね。
担保が必要な場合は持ち家やビル、土地などを担保にします。

もしも途中で返済ができなくなった場合は、借金の返済を免除してもらう代わりに家やビル、土地を売って借金の返済に充てます。
つまりどんな事情があっても借金の保証人になったら、借りた本人に代わり保証人が借金の返済責任を負います。
担保を預けて返済できなかった場合は、まさに何もかも失ってしまいます。
しかしカードローンの場合は、担保と保証人は必要ないのはメリットですね。
しかし担保と保証人の無い代わりに、少し利息が高くなっているので結局はデメリットになります。
これを理解した上でカードローンを利用しましょう。

sck106_gbg01三井住友銀行カードローンをもっと詳しく!詳しくはこちら

カードローン完全ガイド関連記事
ゴシップ