三井住友銀行カードローン

住友借入NAVI|三井住友銀行カードローン完全ガイド

遅延損害金

カードローン用のカードを持っていれば、急にお金が必要になったときもお金を借りることができます。
しかしお金を借りる場合はルールがあり、それを守り月々きちんと返済できると判断する必要があるので、審査があります。

この場合は毎月安定した収入があれば、審査に通ります。
利用限度額は年収などによって変わりますが、借りた金額に応じて毎月決まった額を決まった日に返済していきます。
返済日は決まっていますが、返済期日までに返済できなかったり、うっかり返済日だという事を忘れてしまった場合は、遅延損害金が発生します。

これは利息よりも高く設定されています。
三井住友銀行カードローンの場合は、利息が年利で4.5%~14.5%となっていますが、遅延損害金はこれよりも高い19.94%です。
1日でも遅れた場合は、月々の返済額(元金+利息)に、更に遅延損害金が加算された金額を返済しなければいけません。
カードローンの場合はお金を借りて返すまでに日数分の利息がかかりますので、余裕がある時には早めに返済すればその分利息も安くなります。
返済が1日でも遅れると、利息よりも高い遅延損害金を遅れた日数分追加して返済するので損をしてしまいます。
もしも返済期日に間に合わず遅れてしまった場合、規定の利息+19.94%になるのでかなり損をしてしまいます。
また返済期日翌日から遅延損害金が加算されていきますので、返済する日にちが遅くなるほど遅延損害金もかかりかえって損をしてしまいますので注意しましょう。

sck106_gbg01三井住友銀行カードローンをもっと詳しく!詳しくはこちら

カードローン完全ガイド関連記事
ゴシップ